横浜市都市計画マスタープラン戸塚区プラン | 東戸塚開発の歴史と未来、これからの街づくりを考えます。

ー 東戸塚街づくり開発委員会 ー

 東戸塚開発の歴史と未来、これからの街づくりを考えます。

ご意見・お問い合わせ

東戸塚駅周辺街づくり開発委員会 トピックス&イベント

横浜市都市計画マスタープラン戸塚区プラン

戸塚の街づくり戸塚プラン

発行された冊子「戸塚区プラン」

 

コンパクトシティ東戸塚研究室

 

横浜市都市計画マスタープラン 戸塚区プラン

横浜市都市計画マスタープラン 戸塚区プランの冊子『戸塚のまちづくり』が発行されました。2017年度に二度のパブリックコメントが実施され、東戸塚街づくり開発委員会においても検討・協議を重ねたうえで提言、それらも反映されています。

「戸塚区プラン」は平成13年に策定。社会経済情勢の変化や都市基盤整理の進展もふまえて新たな課題等を盛り込んだ「戸塚区プラン」となっています。計画期間は概ね20年後(2037年)です。

東戸塚駅周辺の街づくり、その目標像は①業務・商業・文化・研究開発等の機能が集積したまち ②駅周辺の交通利便性が高いまち ③快適な都市空間が充実したまち ④東西が一体となり発展するまちー。鉄道駅を中心としたコンパクトな市街化形成を図るとしていて、私たちが提案してきた『コンパクトシティ東戸塚構想』が活かされています。冊子は区役所など行政機関で入手できます。

 

日時:2018年3月